転職時は食いっぱぐれない仕事について考える

仕事の多様化に伴って聞いたこともない名前の仕事が誕生している昨今ですが、実際に食いっぱぐれないようにするにはどんな仕事をしたらよいのでしょうか?

近年ではお金の稼ぎ方についての解説動画などがYOUTUBEで出ており、お仕事でのお金の発生の仕方についても情報がたくさん出ています。

今回は仕事&お金の発生の仕方について考えていきます。

大儲けをしようとか楽に稼ごうとかいった内容ではなく「食いっぱぐれない」ようにするにはどうしたらよいかという内容になっています。

目次

人と違うことをするならやり方を考えないとお金を稼げないので、同じことをする

今回は食いっぱぐれないということを主眼に置いているのでまずはお金の稼ぎ方を二つに分けます。

  • 何もないところからお金を発生させる方法
  • 世の中に既にある(既存の)仕事についてお金を稼ぐ

何もないところからお金を発生させる方法(食いっぱぐれる可能性あり)

お金を稼ぐ方法で大変な方法は何かというと何もないところからお金を発生させること。

今回の場合「何もない」というのはお金の流れがないということなので、ゼロから自営業を目指す方などもこれに該当します。

今ではインスタなどのSNSがあるので一昔前ほど大変ではありませんが、自分のやっていることを周知するというのは時間とお金が非常にかかります。

仮にあなたが明日から「縄跳び研究家」を名乗ってお金がすぐに稼げるようになるかというと確実に稼げません。

営業活動とともにお金が回ってくる流れを作っていく必要があります。

つまりイチから始めるのは超大変です。

商売を始めるのがダメということではなく「自分でお金の流れを作るの大変ですよ。」というだけなので参考までにお考え下さい。

世の中に既にある(既存の)仕事についてお金を稼ぐ

すでに世の中にお金の流れが出来上がっているところに入るのであれば食いつなぐのは非常に簡単です。

今回の場合は最低限食いっパグれないことを基準にしているので簡単なアルバイトや派遣を指しています。

「自分が求める生活水準を維持するためにはこれぐらいの給料(時給・月給)が必要!!」という考え方ではありません。

上記の考え方で行くと「仕事がない」と言っている方は仕事を選り好みしているだけです。

しかし食いつなぐということであれば最低限生きていくだけのお金があればいいので割り切ってしまったほうが精神的に安定するのは間違いありません。

精神的に安定していない状況だと転職活動もうまくいきませんし、焦ってブラック企業に引っかかってしまったら目も当てられません。

変な企業に入ってしまうぐらいであれば派遣で精神の安定を図った方がはるかに有益です。

とりあえず食いつなぐということであればアルバイトか派遣をしましょう。

また退職前に準備しておくと便利なサービスもたくさんあるので、使えるものは何でも試してみることをオススメします。

フロー収入とストック収入の違いを認識して食いっぱぐれない状況を作る

フロー収入とストック収入というものが世の中にはあります。

  • フロー収入:会社員が働いて給料を貰うように何か行動した分のお金を収入としていただく形。
  • ストック収入:不動産や権利で収入を得るなど実際に体を動かさずに稼ぐ方法。不労所得。

どっちが正しいではなくこういったお金の流れがありますと。

重ねて書いておきますが大儲けできるとかそういった話ではありません。

フロー収入で食いつなぐ

自分の労働の対価としてお金を得るフロー収入の場合、どうしても限界が出てきます。

もしあなたが超人気芸能人で何かにちょこっとコメントをするだけで何十万円ももらえるのでなければフロー収入でウハウハな生活をすることは不可能です。

つまりフロー収入でウハウハな生活をしたかったら仕事の単価をめちゃめちゃ上げないといけません。

※ただフロー収入の単価が高い人はストック収入でお金を得る仕組みを作っていることが多いです。

転職活動中にアルバイトや派遣社員で時間労働で食いつなぐのはフロー収入ということです。

転職活動中は以前からコツコツやってきた副業や資産運用などがなければ貯金を切り崩して生活するかフロー収入で食いつなぐ以外の方法がありません。

ストック収入で食いつなぐ

ストック収入は資産を積み重ねて収入を増やしていきます。

意識高い系の人が鬼のように勧めてくる「金持ち父さん貧乏父さん」はこの資産の構築に関して色々と書かれている本です。

良い本ですが非常に再現性が低くお金を稼ぐということに忌避感を持つ日本人には受け入れがたい内容になっているので、実践できる人はまずいないと思います。

一昔前で言うと不動産運営や長期での株の運用・権利収入が一般的でした。

現在では個人的にオススメするのがブログとYOUTUBEチャンネルの開設です。

ただどちらも収入が発生するまでには時間がかかるので「今すぐ収入が欲しい!!」という方には向きません。

ブログで収入を得る(超時間がかかる)

ブログで収入を得る方法はいろいろありますが最初にできるのはアフィリエイトとGoogleアドセンス。

大きく収入を得る方法として純広告がありますがアクセスの少ない状況ではまず無理、これをゴリゴリ推してブログ運営を進めてくる人はまず間違いなく嘘をついています。

アフィリエイト

アフィリエイトとはブログの記事内で商品の紹介し、紹介した商品が売れることで紹介料が入ります。(※クリックされるだけで収入になる場合もあります。)

Googleアドセンス

アドセンスはGoogleが自動で差し込んだ広告がクリックされることで収益が発生します。

どちらも使えるようにするには審査があり、時間がかかるのですぐに収入は発生しません。

またブログを始めたばかりのころは1か月で100円稼ぐのも難しく、お金を生むブログにするにはサイトの構成をしっかりと設計をする必要があります。

アフィリエイトを始めてすぐでも、ラッキーパンチで20,000円程度の広告収入が入ってくることはあります。※これは本当。

あなたは「大儲け」につられるカモ?

YOUTUBEでチャンネルを開設する

今流行っていて比較的に簡単なのはYOUTUBEのチャンネルを開設すること。

収益化するまでに時間がかかるものの収益化をしてしまえば後は作っている動画が自動的にお金を稼いでくれます。

ネットニュースなどで「〇〇はYOUTUBEで〇〇百万円の収入を得ている!!」などの見出しを見ますが、めちゃめちゃ稼いでいる方はごくごく一部です。

また〇〇百万の収益を上げている方は完全に仕事としてやっているので、脚本制作、動画撮影、編集作業など生活のすべてをYOUTUBEに捧げるような生活をしています。

つまり同じレベルでお金を稼ぎたいのであれば生活のすべてをYOUTUBEに捧げる必要があります。

しかし収益化さえすれば月に1000円程度の収入を得るのはそこまで難しくないので、補助的な収入を得るぐらいの感覚でやると無理もなくていいと思います。

そこから伸ばせるかは本人のやる気次第。

時間のかかるものは転職する前に準備しておく

ここで紹介したストック収入は形になるまでに時間がかかるので転職・退職する前に時間をかけて準備しておく必要があります。

衝動的に仕事を辞めた場合は一時的なアルバイトをするなどフロー収入を目指すしかないということです。

変に選り好みする時間を取るのであれば、時給が少なくてもさっさと稼ぎに行きましょう。

不満があればサッサと辞めればいいだけです。

まとめ

食いっぱぐれないということを考えたときはお金の稼ぎ方を考えておくと身の振り方を検討しやすくなります。

転職や退職をして精神的に不安定になりやすい時期は普段は絶対に引っかからないような情報商材に引っかかってしまう可能性もあるので注意しましょう。

簡単にお金が入ってくるようであればみんなやっています。

退職前に準備をしておくのが無難ですがいざという時は簡単なアルバイトや派遣をやりましょう。

いいね!と思ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ぱじ山ねまきのアバター ぱじ山ねまき イラストレーター

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次