丑年に豚に転生していた件。~まだ筋トレは早いかもしれない~

ずいぶん久しぶりにダイエット記事を書きます。

ダイエット自体はサボっていたわけではなく、前回記事以降にやり方をちょっと変えたので今回はそのお話です。

目次

丑年に豚に転生していた件。~まだ筋トレは早いかもしれない~

以前と違って筆者は現在筋トレを控えているのですが、体重は筋トレをがんばっていた頃より順調に減っています。

筋トレを続けていても全然効果が出ないとか筆者のように体を痛めてしまった人は、一度やり方を考え直してみることをおすすめします。

いきなり筋トレを始めるのはちょっと考え直したほうがいいかも

やり方を変えた理由は、筋トレを続けていたら前から爆弾を抱えていた腰がまた痛むようになってしまったためです。

そしてYouTubeで見つけた動画を色々試しながら落ち着いた方法が、筋トレよりもストレッチを多く取り入れること

ストレッチをやるようになってから気づいたのですが、おそらく筆者の場合は筋肉をつけるよりも体のゆがみを治すことや柔軟性を上げることの方が必要でした。

体のゆがみを治す前に筋トレを始めて筋肉をつけると、ゆがみが酷くなる可能性もあるんだそうです。

これまで筋トレをあまりしたことがない方は、日常的に運動(筋トレ)を続けること自体が難しいかもしれません。

また、日常生活の中でも利き手を多く使ったり足を組んで座ったりと体がゆがんでしまう習慣はいくつもあります。

筆者自身も座りっぱなしの仕事で姿勢も良くなかったですし、普段から運動する習慣もなかったので肩こりや腰痛はいつもありました。

要するに、筋トレしても健康につながる土台が体にできていなかったのです。

じゃーじ

同じような状態の方も多いのではないでしょうか?

筋トレを始めるのは、ストレッチで体のゆがみを治しつつ運動する習慣を身につけ、柔軟運動で体の可動域を広くしてケガの危険性を減らしてからでも遅くはないと今は思います。

実際どんな運動をしているのか

現在はストレッチ+軽い筋トレや体操というスタイルで、無理のない範囲で続けています。

メインで参考にさせていただいているのは、Yuki Nakagawaさんのチャンネル。

ストレッチを始める前にどの部分を動かす必要があるのか?なぜその運動をするのか?という解説もあってとてもわかりやすく、ストレッチも無理なく続けられる強度です。

毎日のように動画をUPされているので、体調や治したい箇所によって選んでいます。

ぱじ山

動画一覧見ると全部やりたくなっちゃう(笑)

じゃーじ

見慣れれば気にならなくなるけど…筋肉模様のタイツ?や骨格模様のTシャツがインパクト大!

よくやるストレッチ

じゃーじ

まだ全部試せていないので、よくやるストレッチ動画も当記事記載のものからまた変わってくると思います。

腰痛対策&反り腰解消

ポッコリお腹の原因のひとつに「反り腰」があるそうです。

こちらはそんな反り腰を解消するためのストレッチ。

反り腰はお腹ポッコリだけではなく腰痛や猫背の原因にもなるそうです。

姿勢が悪くて体に良いことはひとつもありませんね。

食後は定期的な運動のチャンス

今日は朝や仕事の合間にストレッチできてないな…ってときは、食後にこちらをやるようにしています。

タイミングが食事の後と決められているのでやり忘れ防止にはうってつけです。食事を取らない日はないですからね。

こちらは他の動画より筋トレ要素が強めなので、後述の世界一楽な筋トレができなかった日にやることもあります。

お散歩に行くのもなかなか難しいご時世

以前はちょこちょこ夫婦で散歩に出かけていたのですが、コロナウイルスの感染がまだ収束しそうにないので散歩も控えるようになりました。

その代わりにやっているのがこちら。

じゃーじ

コロナが収束した後も「わざわざ外を歩きに行くのは億劫」なんて理由で続けることになりそうな気がします。

代謝を…上げるッ!

こちらは全身の筋肉をしっかり伸ばして体を温めることができます。

冬は寒さで筋肉が縮こまっていて、と動画内でおっしゃっていますが、夏も冷房による冷えがあるので対策は必要です。

体が温まるので、朝や筋トレ前の動的ストレッチ代わりにやることもあります。

筋膜リリースもたまにやる

一時期よく耳にした筋膜リリースも、ダイエットには効果大なんだとか。

筋膜リリースだとローラーなど道具を使うことも多いのですが、こちらはロールがなくてもできます。

やった後はスッキリするので朝や疲れが残っているときにやることもあります。

疲れを取ってから寝る

寝る前には疲労回復のためストレッチをする方も多いと思います。

我が家の場合はこちら。10分程度なのでそんなに時間も取りません。

ストレッチで全身をゆっくり伸ばすと寝つきも良くなりますね。

じゃーじ

翌朝すっきり起きるためにも寝る前のストレッチは毎日の習慣にしたいところです。

筋トレや体操は軽いものを

ストレッチを多くやるようになって筋トレは減らしましたが、まったくやらなくなったわけではありません。

当ブログでも以前から何度かご紹介しているなかやまきんに君さんの動画はよく参考にしています。

その中でもいちばんよく行うのは、こちらの世界で一番楽な筋トレ&有酸素運動

ネーミングが良いですよね。

実際にやってみると「楽とは?」と軽く頭をよぎるくらいには動くんですがキツくはなく、ネーミングがこれなので「まぁ楽なやつだし、今日もやっとくか。」という感じで継続できています。

これを仕事の合間に行うのと、毎朝全力でラジオ体操第一・第二を通しで行っています。

天気が良い日は自宅の庭で縄跳びをすることもあります。

まとめ

ダイエットを決意したとき、まずは自分に適したやり方を考え探してみるのが重要です。

そうしないと、筆者のように腰や体を痛めてしまいます。

すぐに見つからないかもしれませんが、あれこれ試してみるとわかるようになってくるでしょう。

はやく人間になりたい。

投稿日:8月14日

体重:80.2kg

ちなみに半年で6キロ落とすというスーパーローペースなので劇的に痩せたいという方には向きません。

いいね!と思ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ぱじ山ねまきのアバター ぱじ山ねまき イラストレーター

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次