丑年に豚に転生していた件。~筋肉ムキムキにして代謝を上げるの巻~

さてこのダイエット記事も4回目。

なんやかんやでダイエットは続けています。

前回縄跳びを始めてシャレにならない筋肉痛にさいなまれた私ですが、それももう10日ぐらい前の話。

劇的に体重が減ったという事はありませんが地味に開始当初から2キロぐらい体重を落としています。

今回は筋肉増量と代謝を上げるお話。

目次

代謝が上がってないのに食事制限ダイエットしてもあまり意味ないのでは?

完全な個人の感覚です。

なかやまきんに君さんなどマッチョ系YOUTUBERの皆さんの動画を参考にさせていただいているのでこの考え方になっているというのもあります。

筋肉ムキムキだった頃と豚になった今の違い

筆者は学生時代ずっと引っ越しのバイトをやっていてムキムキでした。(嘘じゃないよ。)

ボディビルダーの皆さんのように筋肉のカットがバキッと入るような感じではなく、ご飯大好きで良く食べて脂肪もあったので周りからは「お前は中西学(プロレスラーの方)かww」といじられる程度にはゴリマッチョでした。

※特に僧帽筋がすごいと言われてました。

その当時と今で何が違うかというと絶対に筋肉量が違います。

鏡に映った姿マジでちっちゃくなってるし。

引っ越しバイト時代は正直いくら食べても体重が増えるという事はありませんでした。(若かったしむしろ食べないと仕事終わりに体重が減ってた。)

引っ越しの作業自体でも消費しているというのはありましたが、一日にラーメンを5杯食べるなど今では考えられないぐらい暴飲暴食していたので仕事だけで全てのエネルギーを消費していたとは考えられません。

特に筆者が働いていた引っ越し会社は「エネルギーが足りなくなると仕事が滞る。」という考え方を徹底しており、昼休み以外仕事の10分休憩中もこまめに軽食を摂ることを推奨している会社でした。(軽食のおにぎりとかのお金は自腹)

休憩場所にはそれぞれの軽食を置いておいてみんなよく食べて、みんなムキムキでした。

ただどう考えても食べ過ぎです。

そのころと比べて現在の食事量は微々たるものなのに太ってしまったという事は、明らかに代謝が落ちて一日の消費カロリーが少なくなっているからでしょう。

顕著に感じるのは体が冷えやすくなった事。

結婚する前はウチの奥さんが「あったか!!」と言って私で暖をとっていたのですが最近では私の方が体が冷たいです。

現在は完全に自宅でのデスクワークなので仕事で体を動かすという事がほとんどありません。

まずは食事制限よりもまずは筋肉を復活させましょうという事で筋トレに励むことにしました。

いきなり食事制限までやるとテンション下がるだろうし。

ダイエットで有名なYOUTUBERのルイボスさんのような激しいダイエットは、オッサンの私には負担も大きいと思うので多分無理。

激しい運動をいきなりやってアキレス腱切っちゃったりしたら本末転倒です。

肉体改造! まずは冷えない体を作る!!

まず加齢も含めて代謝が落ちて起きたであろう体の変化。

  • 肩こりがひどくなった。
  • 目が悪くなった。
  • 体が冷えやすくなった。(特に下半身)
  • 食事後の消化が遅くなった気がする。

老化の影響もあると思うのですが、おそらく筋肉を着ければある程度は改善が可能であろう項目です。

冒頭で書いた通り僧帽筋(肩周りの筋肉)が特にすごかった頃は肩こりや視力の低下を感じたことはありませんでした。

全身運動と局所的に集中して筋トレ。

全身運動と運動能力チェック

まずはシャレにならんぐらい低下している運動能力を全体的に改善するために縄跳び。

Amazonで購入してから継続して続けています。

運動能力チェックにYoutubeで紹介されている運動を色々と試してみました。

そしていい感じの判断基準になったのがこちら。

「かざりぷろじぇくと」さんの自衛隊体操です。

色々とやってみて運動能力がめちゃくちゃに低下している筆者には少しシンドイ体操でした。

縄跳びと筋トレを継続した今現在では

なんでコレがシンドかったんだろう??

ぐらい気軽に行うことが出来ますが、運動を始める前はこの自衛隊体操がシンドイ程度に運動能力が低下していました。

普段体を動かしている人だと普通にできるはずです。

この程度の運動だと食事制限を一緒にしないと痩せないはず。

この体操で痩せるのは普段全く運動をせず寝てばかりというような方だと思います。

筆者と同じようにこの自衛隊体操をやってみて後半シンドイと感じる方は【かなり】代謝が落ちていると考えられます。

パーツに分けて筋トレ

毎日全部の筋肉を鍛えるというのはしんどすぎるのと、筋肉を大きくするには効率が良くないそうなのでまずは下半身の筋トレから開始。

それぞれの筋肉のトレーニング方法はきんに君さんのYoutube動画とtiktokのリアル刃牙KYOさんの動画を参考にしています。

リアル刃牙KYOさんもYoutubeをされてますがTiktokで数多くの質問にも答えていてパーツごとの筋トレの方法・プロテインの効果的な飲み方なども解説されています。

きんに君さんは「〇分間でこの部分をトレーニング」という一緒にできるトレーニングメニューの動画を出しているので両方拝見した内容を組み合わせて自分の希望の部分を筋トレしています。

直接質問して回答が得やすいのはリアル刃牙KYOさんだと思うので気になる方は質問してみてはいかがでしょうか。

※老人ホームで運動を教えている時の動画も挙げていたので軽めの運動なども教えてもらえるかもしれません。

メチャキツイ全身運動ティックトッカー

まだ恒常的に行うことが出来ていませんがメチャキツイ全身運動を紹介しているのがTiktokのロボコップゆうぞうさん。

@robocopyuzo

初心者向けのやり方あります🤲🏽動画最後に回数など紹介✍🏽 #スキンヘッド #筋トレtiktok #積極的にハゲる

♬ Danza Kuduro – Don Lore V

忠実に同じスピードで行おうとすると超シンドイ。

このワニ歩きの他には気軽に行えるものも多数紹介されています。

ただ残念ながら現在の筆者にはきつめ。

全身運動は回数などでは決めない、無理をしない。

どの運動をするかによりますが、筆者の場合全身運動の場合は回数を決めて行うようなことはしていません。

普段から体を動かしている方と違い体の機能がダルダルになっているので、まずはケガをせずに継続して行う事が一番重要。

初回の縄跳びでシャレにならん筋肉痛に襲われた結果数日間お休みせざるをえなかったので、それ以降は体と相談しながら運動しています。

怪我しそうに感じたらすぐにやめる。インターバルをとる。

筆者が行っている全身運動は縄跳びが主です。

ただ

100回跳ぶ!!

といきなり意気込んでやると筋を傷める可能性があります。

なので

一応100回跳ぶつもりだけどしんどくなったらやめよう、20回でもしんどくなったらやめよう。

こんな感じでゆるくインターバルを挟みながら30分程度の運動を目標にしています。

ちなみに怪我しそうだと感じたら10分未満でも終了します。

そしてオムロンの低周波治療器でマッサージ。

これ見て「おじいちゃんみたいwww」と思うかもしれませんが、多分現在の筆者は日常的に運動しているおじいちゃんより体が衰えているので、おじいちゃん以上に気を使って運動しています。

若い頃の幻想を追うのはケガの元

今はもう若くないのよ…。

冒頭で書いた通り筆者は学生時代引っ越し屋で働いていて、冷蔵庫を抱えて階段を駆け上がる等かなり動ける人間でした。

同じように若い頃走り回っていて今はデスクワークという方は少なくないと思います。

ただ過去は過去、勘違いして動いたらアキレス腱切れまっせ。

まずは自分の現状を確認する運動から始めるのをオススメします。

ビックリするぐらい動けないwww

目的は意地になって運動する事ではなく最終的に痩せる事。

目標は「何回縄跳びを跳ぶんだ!!」とか「何回腕立て伏せをするんだ!!」ではなく最終的に痩せることなのでケガに気を付けて行うようにしています。

もちろんサボってしまっては効果がないのである程度の回数をこなすのも短期的な目標ではありますが、今の体が耐えられるような運動がどれぐらいかを見極める必要があるのでしょう。

なんせまだ84キロあるので無理したら膝をやってしまうwww

現在体重84.4kg

早く人間になりたい。

いいね!と思ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ぱじ山ねまきのアバター ぱじ山ねまき イラストレーター

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次