kindle unlimitedが料金的に乱読派に最適

おはようございます。ぱじ山ねまきです。

今回はkindleアンリミテッドに登録してみた感想を書きます。

目次

kindle unlimitedが料金的に乱読派に最適

私は元々本は紙(冊子)で読みたい派で電子書籍に興味はありませんでした。

先に主人が登録していて勧められても後回しにしてたんですけど

「まぁ30日間無料だし、料金発生しても980円だし試してアカンかったらやめるか。」ということで登録しました。

基本紙で読みたい派なのは変わっていないですが、多分これはずっとやめないですね。

ちなみにゆっくり図書館に行く時間がある人は図書館行った方がいいと思うんで使う意味ないかもしれないですね。

kindle unlimitedが良いと思った理由

読書量に対して圧倒的にコスパがいいです。

私は元々結構本を読むので書籍代がかかる人間だったんですが、本屋に行ったときに気になった本は何冊もまとめて買っちゃうからなんですよね。

それでも家の近くに古本屋があったので、ある程度家に本が溜まったらもう読まなそうなものは一気に売り払って

また違う本を買って読む、というやり方でした。

が、残念ながらその古本屋が閉店。

仕事が忙しいと読むペースにもムラが出るし。

そんなわけでkindle unlimitedの読み放題で月額980円とかめちゃめちゃコスパいいんですよね。

kindle unlimitedに向いてない人

向いてない人は明確ですね。下記2点に当てはまる人です。

  • 本を読まない人(2冊読んだら元取れるとか言ってる人)
  • 自分で読みたい本を探せない人

本を読まない人(2冊読んだら元取れるとか言ってる人)

タイトルの通り「2冊読んだら元取れる!!」とか言ってる人は向いてません。無駄金になる。

1ヶ月に2冊ぐらい普通に読むし、何だったら私は1週間に4~5冊読むこともあるので(別に読む冊数を競ってるわけでありません。)

月額の元が取れる取れないって発想になる人は向いてないと思います。

ライトニングや女性誌各種などのオシャレ雑誌も読めるのでめっちゃいい。

自分で読みたい本を探せない人

とにかく流行りの本を読みたい、話題の本を読みたい。って人は多分向いていません。

一応流行りの本・ちょっと前に話題になった本もそこそこトップページに出るっぽいので全く読めないわけではないんですけど、

感覚で言うとデッカイ図書館なので自分で色々検索して読みたい・読んでみたい本を探せない人は向いてないと思います。

色んな本を読んでいくとkindleが閲覧履歴から「こんなん好きっしょ!?」って感じでいい感じの本を表示してくれます。

いいなと思ったところ3点

  1. 昔の文豪の本が結構読める
  2. 興味はあるけど買わないであろう本を読める
  3. クソみたいな内容の本を引いても頭に来ない
  4. 雑誌を山ほど読める

1.昔の文豪の本が結構読める

kindle unlimitedの良いところは昔の文豪の本が結構たくさん読める事。

さらにプラスで、昔の不快になりそうな内容が削除されていない事。

昔の本を読んで「あ~、人には絶対に理解しあえない価値観ってあるんだな~。」って学んだりする事もあるので、そういった表現が無くなっていると文化を学ぶ機会も無くなっていることになるのでこれがそのままなのが良かったです。

2.興味はあるけど買わないであろう本を読める

昔歴史の授業とかで習った有名な作品とか気軽に読めるという事と、普段絶対に手を出さないジャンルの本や雑誌を読める事。

前者は小林多喜二の「蟹工船」とかラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の「東の国から」とかテストに出たやつ。

何だったらダンテの「神曲」もありました。

後者は「LEON」とかの余裕があるオシャレおじさんが読みそうな雑誌

買わない系で言うと例えば「坂本龍馬」の本だけで何冊も買わないでしょ?

それがめっちゃ読める。読むかどうかは別として!!

3.クソみたいな内容の本を引いても頭に来ない

さっきの「坂本龍馬」の本だけで何冊も買わないでしょ?にちょっと絡んできますが、クソみたいな本を引いても定額読み放題だからノーダメージ!!(時間を使ってしまったことは目を瞑る)

実際kindleは電子書籍で気軽に出版できるのもあってかなりしょうもない本もあります。

特に自己啓発系の本はやばいのが多いんですが定額読み放題だから大丈夫!!!!

昔は「こんな本に金使っちまった!!!」ってなることもありましたがこれからの時代は減りそうですね^^

あ、基本的に書籍には敬意を払うタイプですよ。

雑誌を山ほど読める。

元々雑誌はそれほど買わないタイプですが、女性誌や趣味に特化した雑誌を読むのは嫌いではありません。

ただ雑誌は実際に購入すると非常に場所をとるので正直買う事を避けています。

しかしkindle unlimitedの場合最近のものであればバックナンバーも含めて多くの雑誌が読み放題に入っています。

ファッション系の雑誌以外にも経済系のニッチな投資話に絞った内容の雑誌が読めるのもかなりポイントです。

kindle unlimitedに載っている物は読まれることによって出版した方にお金が発生する仕組みらしいのですが、マイナーな雑誌も読者を増やすために載せおり、認知度は低いけど読んでみたら面白い雑誌というのはたくさんあります。

よくある雑誌の中で、さらに詳しい内容を書いている本の紹介もそれぞれの雑誌であるので、そこから違う本を物色するという楽しみもあるので本を選ぶ楽しみが広がります。

まとめ

色々自分で調べる力とかは必要になりますが

とにかく目についたものをとりあえず読んでみるか!っていう乱読派がkindle unlimitedのサービスには向いてると思います。

いいね!と思ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ぱじ山ねまきのアバター ぱじ山ねまき イラストレーター

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次