仕事を効率化したいならまずはショートカットキー

おはようございます。ぱじ山ねまきです。

仕事を効率よく進めたい、スピードアップしたいと考えている人は多いと思います。

しかし、かといって新しいシステムや画期的なアイデアなんて思いつかないし…といって何もしていない方も少なくないのではないでしょうか。

そんなとき、積極的に取り入れるのにおすすめなのがショートカットキーです。

筆者はMacを使った経験がないので当記事でご紹介するのはWindows版です。

目次

仕事を効率化したいならまずはショートカットキー

効率化するには何か斬新なアイデアがないとできないと思われがちですが、仕事というのは日々の細かな作業の積み重ねでもあります。

日々の作業の中には、惰性や慣れで続いているだけで実際は無駄な作業の繰り返しであることも少なくないのです。

ひとつひとつの作業自体は大したことなくても、それが積み重なると膨大な時間と手間(労力)を消費します。

そのため仕事の効率化を考えるのであれば、まずはそういったひとつひとつの作業を見直すことも大切です。

ぱじ山

塵も積もれば山となる、だね!

なぜ効率化にショートカットキー?

マウスでの操作からショートカットキー利用にすると、1回の操作あたり数秒単位での作業時間短縮につながります。

たった数秒…しかし、仕事中はPCを使っていない時間の方が少ないのではありませんか?

ということは、マウスで操作するのは1日あたり何十回、人によっては何百回にもなります。

その何十回、何百回を(全てとはいかなくても)時間短縮できれば、かなりの効率化・作業時間短縮につなげることができるわけです。

じゃーじ

まさに日々の細かな作業の積み重ねなんだね!

※マウスの操作が無駄ということではありません。ご理解ください。

最初は慣れなくて違和感があるかもしれませんが、繰り返し使ううちに覚えてきます。

使えるショートカットキー32選

筆者が仕事で実際に使っているものも含めて、便利なショートカットキーがこちら。

※もし記載漏れがあれば順次追記します

1Alt + Tab作業ウインドウの切り替え
2Ctrl + C選択したもの・範囲をコピー
3Ctrl + X選択したもの・範囲を切り取り
4Ctrl + V貼り付け
5Ctrl + Z直前の操作を元に戻す
6Ctrl + Y または Ctrl + Shift + Z元に戻した直前の操作をやり直す
7Ctrl + A全て選択
8Ctrl + S上書き保存
9Ctrl + P印刷、印刷プレビュー
10Ctrl + Fキーワード検索
11Ctrl + H置換(置き換え)
12Shift + 矢印キー(↑↓→←)範囲選択
13Alt + F4作業ウインドウを閉じる
14F2セルを編集モードにする(Exel)
15F4直前と同じ操作(Exel、Word、PowerPoint)
16F5最新の状態に更新
17F6全角ひらがなに変換
18F7全角カタカナに変換
19F8半角カタカナに変換
20F9全角英字に変換
21F10半角英字に変換
22F12名前をつけて保存
23Ctrl + Shift + 矢印キー(↑↓→←)次の段落まで選択
24Alt + Enterセル内で改行(Exel)
25Alt + ;選択したうちの可視セルのみ選択に切り替え(Exel)
26Ctrl + PageUP または PageDownシートの移動(Exel)
27Ctrl + マウスで選択個別に同時選択
28Shift + マウスで選択範囲選択
29Ctrl + マウスホイール表示の拡大・縮小
30PrintScreen表示画面のスクリーンショット
31Alt + PrintScreen作業ウインドウの表示画面のスクリーンショット
32Windowsのスタートマークキー + LPCのロック

仕事内容などによっては上記以外にも活用できるショートカットは多いと思います。

実際、筆者もショートカットキーを覚えて使うようになってからは作業スピードが上がりました。

何度も行う作業があれば、使えるショートカットキーや他のやり方を検索してみると良いでしょう。

まとめ

仕事を効率化と言われても難しく考える必要はありません。

当記事のようなショートカットキーを使うなどで無駄を省くことも効率化になりますし、仕事のスキルアップも効率アップの方法のひとつと言えます。

まずは少しずつでもできそうなところから実践してみましょう。

いいね!と思ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ぱじ山ねまきのアバター ぱじ山ねまき イラストレーター

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次